パソコンを修理している男性

現代の日本

現代の日本は、様々な情報機器が一般的に普及しています。こういった現代は情報社会と呼ばれています。情報社会を生き抜くために、パソコンに関しての知識を深めていきましょう。

この記事の続きを読む

オンラインストレージ

パソコンにはオンラインストレージといった便利なものを活用することで、さらに便利に活用できるといった期待があります。ここではオンラインストレージについて紹介していきます。参考にしましょう。

この記事の続きを読む

hddについて

パソコンは非常に便利なものです。こういったパソコンを活用するには、それなりの知識が必要です。ここではhddについての情報を紹介していくので、参考にするようにしましょう。

この記事の続きを読む

パソコンの故障

パソコンは精密機械であり、非常にデリケートなものです。なのである日突然故障してしまうことは当然あります。こういった突然の故障に対応出来るように、ここで知識を得ていきましょう。

この記事の続きを読む

復旧させる

大切なデータが消えてしまった!見られなくなった!そんな時はこちらへ。外付けhddの復旧方法についてご紹介します。

キーボード操作

外付けのhddは、パソコンに内蔵されたhdd内のデータバックアップ用として広く用いられています。内蔵hddが万一クラッシュした場合のバックアップは基本中の基本でありますが、実際には外付けhddもクラッシュする可能性はあります。この点は十分に注意しなければならないことであり、気づかないうちにどちらもクラッシュしている極めて少ないケースもある事は念頭に置いておかなければなりません。 パソコン自体が起動しなくなった場合において、他のパソコンに外付けhddを差し込むことで容易にデータ復旧する事が出来ますが、パソコンによってはインターフェース対応しているかどうかを考慮して使用しなければなりません。このケースも極めて稀ではありますが、迅速に復旧させたい場合では不都合が生じることもあるのです。

外付けhddが故障した場合、主な症状として「認識しない」ことが挙げられます。第一にハードディスクのクラッシュが考えられますが、インターフェースの故障も考えられます。いずれにせよ外付けからのデータ復旧は極めて困難な状況になってしまい、専門業者によるデータ復旧を余儀なくされる事になります。 しかし、ユーザー側で行ってみる価値のある方法が存在します。もし、外付けhddを分解できる構造であれば裸の状態にし、内蔵いわゆるセカンダリとして接続すると認識する場合があります。 この方法には、少し知識が必要となりますが特別な装置や材料は不要なことが多いです。仮にこれでデータ復旧できた場合には、インターフェースのトラブルの可能性も高く、そのまま内蔵hddの状態でバックアップ用が使用できるものとなります。

最小限の出費でパソコンを手に入れたい方は必見ですよ!100円パソコンを購入することができるサイトです。