パソコンの故障

ある日パソコンの電源を押してみると、まったく起動しない…そんな事を経験した人も多いと思います。その時、一番困ってしまうのは、パソコンの中に保存しているデータです。特にハードディスクが故障しているいる場合は、データ復旧をする必要がでてきます。 その際注意すべきは、『起動しないと分かったら、それ以上パソコンに触らない』という事です。ハードディスクの故障で起動しない場合、物理的に傷がついている可能性が高く、いたずらに起動しようとすると、更にハードディスクが故障してしまいます。データ復旧に関しても、その可能性が低くなります。 故障だと分かった場合、そのままの状態にして専門家の指示を仰ぐ…というのが正しい方法になります。

ハードディスクの復旧に関し、『ハードディスクの容量』がその難易度に大きく関わってきます。大した容量のデータを保存していなかったとしても、それを保存しているハードディスク自体の容量が大きい場合は、かなりの手間がかかるため、データ復旧の時間が掛かってしまいます。 また、ハードディスクの容量が大きくなればなるほど、安定性が僅かながら低下してしまいます。 動画・音楽・写真などを大量に保存するパソコンであれば、大容量のものが必要になりますが、文書ファイルを主に保存する場合であれば、それほどの容量は必要ありません。 万が一、データ復旧を依頼する可能性も考えて、自分の用途にあったハードディスクの容量のものを選ぶ必要があります。