hddについて

hddをコピーするときにはデュプリケーターを利用するものがありますが、そこまでお金を掛けたくないのであれば、フリーソフトを利用したhddコピーを利用しましょう。 フリーソフトなのでそれを利用するのに必要なお金はコピー先のhddのみです。コピーの注意点はhddより大きな容量を持ったhddなどを確保することです。Cドライブの容量より大きなものを用意しないとコピーを安全に行えませんので注意してください。 それができたあとにUSB接続のアダプタを利用してコピーをすることができます。これでhddのコピーは完了となり、あとは交換をして再度パソコンを起動することで利用することができます。企業であればデュプリケーターを利用する方法が一般的です。

以前までのhddのコピーはOS丸ごとではなく先に交換をしてからリカバリーディスクなどを利用してOSを交換したものにインストールし、起動を行っていました。その他のアプリケーションも同様に先にUSBに入れておけばそれをさして起動してインストールを行い元に戻すのに大変な時間を書けました。これ以外にも別のストレージにバックアップを入れておき、交換してリカバリーを行ったあとにそのバックアップファイルを復元して利用する方法が一般的でした。 今でこそこのような技術が発展しており、ssdにhddの内容を写すことができるようになり、内容そのまま丸ごとコピーできるようになりました。 今後もこのようなことはたくさん行われます。